待乳山聖天と今戸神社

待乳山聖天と今戸神社は、私たちの自転車ツアーのコースに最初から入っている訪問地です。

待乳山聖天と今戸神社をご紹介します

夫婦和合や家内安全を象徴する大根と、商売繁盛のシンボルとしての巾着袋が、この寺院では有名ですが、『鬼平犯科帳』の作家、池波正太郎の生誕地がすぐ近くにあり、その碑が門前に建てられています。

自転車 裏路地 鬼平犯科帳 長谷川平蔵 時代劇 池波正太郎 待乳山聖天 Tokyo Backstreets Bike Tour ツアー
作家本人も平蔵も愛した、待乳山聖天

碑には「大川(隅田川)の水と待乳山聖天宮は、私の心のふるさとのようなものだ」と書かれており、実際、『鬼平犯科帳』の中の登場回数においては、かなりトップにランクされます。

一方、待乳山から徒歩数分の所にある今戸神社は縁結びのパワースポットとして知られており、恋愛成就を願う絵馬が隙間もないほど奉納されています。ここはまた、新選組隊員の沖田総司が没した場所だということで、小さな碑が立てられています。

自転車 裏路地 鬼平犯科帳 長谷川平蔵 時代劇 池波正太郎 今戸神社 パワースポット 新選組 沖田総司 Tokyo Backstreets Bike Tour ツアー
外国語で書かれた絵馬も少なくありません