船で巡る、水都・江戸東京

江戸時代、輸送の主力は舟。町には無数の堀割(運河)が張り巡らされました。その姿は、まさにイタリアのベニスのごとく。物だけでなく、人々も、舟を日常の足として使っていたのです。

その水路を小型ボートで巡るツアーができました。

スタートは、深川・門前仲町の黒船橋。今でも数多くの水路が残る深川ですが、江戸時代には、もっとたくさんの掘割が網の目のように巡らされてといいます。

桜のシーズンには、いろいろなお花見舟も出る、黒船橋周辺

時代小説『鬼平犯科帳』の原作者として今でも人気が高い池波正太郎も、この深川を舞台に、多くのストーリーを書きました。彼は深川について、

深川は、江戸の水郷といってよく、掘割が縦横にめぐっていて、「当時の深川は、イタリーのベニスに匹敵する」などという人もいる。(「座頭・徳の市」より引用)

と語っています。

黒船橋を出た舟は、大横川から隅田川を渡り、日本橋川へ。その名の通り、日本橋をくぐるこの川は、江戸時代、物流の要でした。

江戸時代も今も、日本経済の中心地でもある日本橋

舟は、日本橋川から神田川へ。お茶の水に入ると、東京の中心部とは思えない深い谷の中を進みます。

鉄道ファンにも人気の御茶ノ水駅

屋形船が並ぶ浅草橋を通り抜ければ、クルーズはいよいよ終盤。再び隅田川に出た舟は、門前仲町の黒船橋に到着して、ツアーは終了です。

普段はなかなか見られない、水の上から見た江戸東京を、このツアーで味わってみてはいかがでしょうか。